まったくのゼロから始めたい方の為に、自分のときを思い出して記載しています。

今回は個人サイトを持つときに不可欠なドメインについて触れておきます。

 

スポンサーリンク

ドメインとはなんですかね?

一言でいうなら『インターネット上の住所』です。

ドメインがないとサイトの住所がないので公開することができません。

 

 

 

画像はインターネットエクスプローラーですが、https://yurusuta.comが当サイトの住所です。

yurusuta.comがドメインというやつです。

いろんなブラウザでアドレスバーで確認できると思います。

 

なぜ必要なのか

レンタルサーバーを利用、ドメインが必要なサーバーを利用すると仮定して話を進めます。

最低限の流れとしては以下の通りです。

個人サイトを作る=お店を作るのイメージを持ってもらうとわかりやすいと思います。

 

サーバーを借りた → 土地を借りた

ドメインを取得した  → 住所を取得した

WordPressを導入した → 建物部分ができた

記事を沢山書いた → 商品を並べてあなた店がOPENした

 

言葉にすると簡単。たった4行であなたのサイト(お店)ができる。

そのなかでもドメイン取得は重要な項目なのです。

 

無料ブログでの利用の場合はちょっと異なりますけど、こんな感じ。

 

無料ブログ登録した → 土地を借りた 住所を取得した 建物部分ができた

記事を沢山書いた → 商品を並べてあなたの店がOPENした。

 

あれ?無料ブログの方が簡単じゃないですか?そうなんですよ。

登録したら記事を書くことができてすぐにでも公開できます。

ドメインをわざわざ取得する必要もないです。登録したサイトのドメインを利用します。

色々な理由で、独自ドメインのサイトを皆さん利用しています。そのあたりは、またの機会で。

 

どこで取得するのか

エックスサーバー契約時はエックスドメインで一緒に取得するのをおすすめしています。

はてなブログPROなどでドメインだけ用意が必要な場合は、『お名前.com』などドメイン取得サイトもあります。

そちらの方がコストを抑えられますので慣れてきた場合はそちらを利用する感じでいいんじゃないでしょうか。

ドメイン取るならお名前.com


どうやって決めるのか

ここ重要です!!テストにはでませんけど。

一度決めたら変更ができません。

他の人が使用しているものは使えません。

 

わかりやすい

長すぎない

不快にさせない

この3つに気をつければよいかと思います。

 

ドットのあと(トップドメイン)の違いは?

本来は意味がありますが、気にしなくても大丈夫です。

.comか.netあたりで取得しておきましょう。コストは上がりますが.jpも良いです。

ちなみに世界の.com/.net/.org/.biz/.infoのうち約70%以上が.com。

.comは人気の高いトップレベルドメインです。

トップレベルドメイン 更新料金 一応の用途
.com 約6000円 商業組織用
.net 約6000円 ネットワーク
.org 約6000円 非営利組織
.biz 約5000円 ビジネス
.info 約5000円 情報発信
.jp 約10000円 日本のドメイン

 

 

知っておきたいWhoisとは

インターネット登録情報を提供するサービスです。

ドメイン取得時、取得元などで個人情報を入力します。

それを元にデータベースに保管されているのです。

 

肝心の個人情報の部分ですが、検索でHitすれば誰でも見れます。

登録時の名前、住所、電話、メールアドレスが公開されます。

 

エックスサーバー契約時にエックスドメインで取得するのをオススメする理由はここです。

情報公開代行をしっかりやってくれます。

もちろん他の取得サイトでも『情報公開代行』をしっかりすれば大丈夫です。



まとめ

  • ドメインはインターネット上の住所なのでブログ、サイトなどで必須。
  • ドメイン取得時は『情報公開代行』をしっかりして個人情報のリスクを考える。
  • わかりやすく、ドメインだけで何のサイトなのか、または誰のサイトがわかることが良いです。

ドメインは、世界にただひとつなので早い者勝ちです。

サイトを訪れたときにアドレスバーをみるとどんなサイトなのか、作った人の想いなどが感じられます。

よく考えて取得して、自分のドメインを大切に育ててあげてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事