本日は『六番隊隊長 朽木白哉』が降臨してましたね。

まぁめんどくさいクエストだこと!ってのが最初の感想です。

BLEACHはクエストバナーすらオシャレでいい感じなのですけどね。

でも、なんで朽木白哉が超究極枠なんでしょうね?

もちろん人気のキャラではありますけど、BLEACHコラボきたら藍染惣右介が超究極枠になると思ってたんですけどね。

 

今までのコラボで超究極枠って敵キャラのラスボス感満載のキャラが多いですよね。

勝手ではありますけど、超究極=ラスボス=強キャラってイメージ定着しちゃって。

メルエム、キングブラッドレイ、志々雄誠、戸愚呂100%って。

今回の超究極枠は正直違和感ですよ。

んなことを言っていてもどうもならんのですけど。

 

クエストは数回しかまだ周ってないんですけど、キライなクエストの部類でした。

攻撃力アップしてバリア張ってっていう手順ゲー。

回復ないからバリア無でスモッグに突っ込むのはちょっと悩む。

せっかく千本桜が壁にでてきてもただのオブジェ。

(出てきたときにはすっごいダメージ食らうDWか?って警戒したのが恥ずかしい)

 

何より手持ちのキャラでこいつはいい!!ってのがいない。

白哉のためにノストラダムスを進化にするのは…。

ノストラダムス神化をエティカで使ってるから…。

ってなんかいいキャラいないかなーって探してたら降臨時間が終わってました。

 

キャラの性能はいいですよね。

スライド進化までは頑張ろうと思います。

どうしてこうも性能が違うのか…。

目玉はスライド進化のクレイジーなSSでしょうが…。

超重力に超ダメ、超ワープ、飛行。

ここまできたらいっそ飛行じゃなくてマインでもよかったんじゃないかね。

 

ぶっこわれSSっぽい感じがしますね。

降臨でもっとヤベーSS持ってるのもいますけどね。

さすが剣八。やちる副隊長がいないのは寂しいですけど。


モンスト人気ブログランキングはこちらから!

スポンサーリンク
おすすめの記事