今回の内容は『SSL』です。『SSL』って何?から記載していきますね。

それでは、れっつごー!!

 

スポンサーリンク

『SSL』って何でしょうか?

 

SSL(Secure Sockets Layer)セキュア ソケット レイヤーと読みます。

すごい大雑把に内容を言うと、通信されるデータを暗号化する技術のことです。

もうちょっとだけ詳しく言うならば、個人情報やクレジットカード情報を暗号化して、

サーバーとパソコン間のデータのやり取りを安全に行うようにすることです。

 

『SSL』は必要なのか?

 

検索していただくと、必要だ!必要ない!と両方出てきます。

結局どうなのよ。となりますよね。私はSSLは必要だと思ってます。

『SSL』のメリットとデメリット

ユーザーの個人情報、IDのセキュリティが高まるので、SSLを知っている人からすると

そのサイトを安心して閲覧することができると認識されたりもします。

 

SEO効果としてもよいと言われています。

ネット検索で上位に表示さる取り組みをSEOといいます。

検索をするとき大体の場合Googleやyahoo、最近だとBingなどで検索されると思います。

ちなみにyahooもGoogleの検索エンジンを利用しています。

 

2014年にGoogleはウェブマスターブログでも発表しています。

HTTPS をランキング シグナルに使用します  2014年8月7日木曜日
セキュリティは Google の最優先事項です。Google はデフォルトで強力な HTTPS 暗号化を導入するなど、業界でも最先端のセキュリティを
Google サービスに導入することに力を注いでいます。
これにより、たとえば Google 検索、Gmail、Google ドライブを使用しているユーザーは自動的に、Google に安全に接続することができます。

---中略---

Google では過去数か月にわたり、Google のランキング アルゴリズムでのシグナルとして、暗号化された安全な接続をサイトで使用しているかを
考慮に入れたテストを実施してきました。この実験ではよい結果が得られているため、ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、
すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

「httpのサイトよりhttpsのサイトの方が検索順位を優遇しますよ」というものです。

 

デメリットとしては、セキュリティの関係上サイトが重くなるのがネックです。

また、Googleのアドセンス収益が下がる傾向があるようです。

httpsサイトからhttpサイトへのリファラ(参照元)が取れませんので、アクセス解析に影響がでます。

※リファラとは、アクセスログに記録されるデータの一つで、サイトに流入する時に利用したリンク元のページの情報のこと。

 

主要ブラウザでの見分け方。

各ブラウザでの確認の仕方はこんな感じです。簡単です。

インターネットエクスプローラー

httpsで始まる。右側にカギのマークの表示がでます。

 

グーグルクローム カギマークに保護された通信の表示

ファイアフォックス カギのマークとhttpsの表示

『S』がついてカギマークが付きます。簡単です。

SSL対策されていないから危険なのか

って言うわけではありません。SSLは個人情報やクレジットカード情報を暗号化するものです。

普通のブログサイトを閲覧していても個人情報を入力することがほとんどないですよね。

ネットショップなどでSSLがされていなかったら・・・。本当に大丈夫?ってなりますよね。不安ですよね。

 

まとめ

 

SSLはデータ通信を暗号化するセキュリティのことです。

メリットもデメリットも存在するが、グーグル検索で優位になる。

個人情報を入力するときに『S』とカギマークを確認しておきましょう。

 

ブログから始まってネットの世界が楽しくなり将来ネットショップなど運営されるかも知れません。

その時に知りませんでしたとは行きませんので知識として片隅に入れておきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事