禁忌の5でもお馴染みの『ジュンはめんどくさい!!』

実装時クエストの感想は大体の人が思った通り『難しい。メンドクサイ』でした。

ふと思い出したかのようにクエスト行ってみたらメンドくさいけど周回できないほどじゃないなって。

神化がエルドラドの運枠としても使えるのでそろそろ作ろうかなって重い腰をあげてみました。

スポンサーリンク

ジュン

アビリティは1つずつなものの聖騎士キラーL、マインMと単アビリティとしては強いです。

ただ、DW、ワープ、重力に対応ができないので、多様なギミックのクエストが多い今日、連れていけるクエストが狭いのが現実です。

 

神化はエルドラドの運枠としても利用はできそうだったのでとりあえず作ることにしてみました。

1ステージ

出現ギミックで注意はDW。ジュンの聖騎士キラー。

ヒヨコ床は多いのでアンチ魔法陣持ちのキスキルリラやジキルハイド、FFコラボクラウドはガチガチの適正です。

私の周回パーティーもガチガチです(笑)

 

ブーケの反撃使いながらジュンを削っていきますが、ジュンはHPがやっぱり高い!!

2ステージ

黒天使が優先です。同時処理ができればベストですが、確実に1体ずつブーケの反撃を発動させ倒していくのが安定します。

あわよくば黒天使のあたまの数字が少ない方から倒していきたいですが、無理に狙って倒せないより確実に1体ずつ処理をオススメします。

3ステージ

運がいいとボス戦。

まずは雑魚処理ですね。

魔道士、黒天使を倒して、白天使は同時処理。

白天使の頭の数字は電撃攻撃で痛いので同時が難しい場合は一度倒して数字リセットをすることも重要かなと思います。

ジキルハイドがいるとアンチ魔法陣があるのでヒヨコにならず白天使も倒しやすいです。

4ステージ

HPが多いボス2戦目。たぶん3000万~3200万くらいだったかと。

手順は1戦と変わりませんね。

黒天使→白天使→反撃利用のジュン攻撃。

5ステージ

最終です。確かHPは5000万近くあったと思います。

雑魚処理をして魔道士まで処理を5ターン以内にしておきたいです。

魔道士の5ターン目は攻撃力アップですからね。

 

覚醒ゲージを超える場合は全ステージで大きくゲージを越えることを意識していくと覚醒後の6ターン目のメテオを安全に回避できます。

特にクシナダは大号令なので火力も強く最終ステージでは、覚醒後でも覚醒前でも大きく削れますので重宝します。

 

ジュン運極完成した頃には実はエルドラドの適正として・・・

この高杉晋助が登場して、おそらく最適性運枠となってしまったのでなんとも言えない気分となりました。

 


モンスト人気ブログランキングはこちらから!

スポンサーリンク
おすすめの記事